牛久大仏や筑波山の高所から眺める茨城県の景色

牛久大仏は胸部の展望窓からの景色が素敵です

茨城県には歴史的な建築物が数多く残っており、牛久大仏などは子供も連れて通いやすい観光スポットとして人気もあります。 世界記録に認定されている、世界一の高さの青銅製立像の牛久大仏は、全長で120メートルもあるために遠くから見ても目立ちやすいです。 高さ85メートルの胸部までエレベーターで上がる事ができて、そこの展望窓から周囲の景色を眺められるという点を、子供たちも喜んでくれます。 天気が良い日には富士山まで眺める事ができたりと、歴史の重みと景色の美しさを同時に堪能できる観光スポットしておすすめです。 動物との触れ合いや、動物の曲芸も眺めさせてもらえたりと、催事も面白いと評価されている観光スポットの一つでもあります。

筑波山からの景色は高所から眺めましょう

高い場所が苦手という人であっても、この景色の美しさは眺めてみたいと言われる事が多いのが、茨城県の筑波山のロープウェイから眺められる景色です。 美しい野山をロープウェイから見ているだけで、鳥になったような気持ちになれると評価されるほどに、美しい景色が筑波山には広がっています。 秋にはライトアップされた紅葉を眺める事ができるので、昼だけでなく夜中にも筑波山に足を運んでみてください。 西の富士山、東の筑波山と対比されるほどの美しさを持っており、雪景色とも相性の良さでも筑波山は評価されています。 ロープウェイやケーブルカーに乗っている最中には、ビデオカメラなどを使って周囲の景色を撮影しておく事がおすすめです。